手ぬぐい洗顔

巷やSNSで話題の「手ぬぐい洗顔」をはじめ、簡単お手軽美容法などをご紹介。 きっと・・・今日から肌が生まれ変わります!!

タグ:石けん

こんばんは。

前回に引き続き、ポイントを紹介しますね。

今回は、石けんの選び方です。

手ぬぐい洗顔で使用する石けんは

昔ながらの固形石けんをオススメします。
TS2-2300


あくまでも洗顔を目的として作られた固形石けんが良いです 

保湿や美容目的の石けんだと、洗浄力がイマイチの場合があります。

手ぬぐい洗顔は、クレンジングを使わすにメイクや汚れを落とす

洗顔法です。

手ぬぐいの繊維に、石けんの泡を絡ませて汚れを吸着しますので

繊維に絡みつきやすいのが、固形石けんなのです。

クリーム状やジェル状の洗顔料や、泡状の洗顔フォームは

繊維に上手く絡みにくいので、どちらかといえば不向きです。

高級な石けんでなくとも、お手頃価格で品質の良い石けんは

沢山ありますので、ご自分のお肌に合う石けんを選んで

お試しくださいね。



 

こんばんは。

今日は手ぬぐい洗顔のポイントを紹介していきます。

昨日のブログでは、おおまかなことを書きましたが

今日からは、各ポイントを書いていきます

よく質問がることから・・・

手ぬぐいの巻き方について

上手く手に巻きつけれないという方が多いです。

最初は、なかなか上手にできなくて当然です。

やっていく内にできるようになるので、大丈夫ですよ 

そこで、Youtubeで紹介していますので

ぜひ参考にしてください。
 
慣れるまでは、ハンカチのように畳んでもOKです。

手ぬぐいの平面で洗うことがポイントですので

手ぬぐいが上手く巻けないからといって・・・

グチャグチャな状態で使うのはNGです  

注意してくださいね 


使用する手ぬぐいは、洗顔用手ぬぐいの使用をオススメします。


 
石けんは、自分の肌に合う固形石けんを使用してくださいね。

   
↑しみやシワなど、肌トラブルが気になる方には
馬油石けんがおススメです。

次回は、石けんの選び方も紹介したいと思います。 

こんにちは

昨日に続き、手ぬぐい洗顔のやり方をご紹介します。

まず・・・

メイクは、クレンジングを使わずそのままです 。

もし目元にウォータープルーフタイプの物を使用されている場合は

目元だけ軽くクレンジングで落としてもOKです 

お顔をぬるま湯で濡らします
TS1-1138

(汚れやメイクが落ちやすくする前準備です)

アイメイクを軽く落としていきます。
(この時、まだ石けんは使用しません) 

手ぬぐいを目元サイズに畳みます↓ 

TS2-2016
まぶたの上から下に向かって、手ぬぐいで拭うようにアイメイクを落とします。

TS1-1119
この時、やさしく軽くでOKです。

TS1-1127
きれいに落ちなくても大丈夫です。

この後の洗顔で、しっかり落とせますので安心ください 

さあここから手ぬぐい洗顔スタートです。

手ぬぐいに着いたアイメイクを水で軽く洗い流してください。

では・・・

もう一度しっかりと顔をぬるま湯で濡らします。

手ぬぐいを水にヒタヒタに浸します。

固形石けんを手ぬぐいに擦りつけていきます。TS2-2053
次に、手ぬぐいに空気を含ませるように揉みこみます。

TS2-2079
細かな泡が立ってきます。

t02200147_0800053313296974710
手ぬぐいの表面に薄らと泡がのっている感じでOKです。

次に、手ぬぐいを手に巻きつけます。
t02200147_0800053313314715623
↑巻き方は、こんな感じです。

上手く巻けない時は、ハンカチのように畳んでもOKです。

いよいよ洗顔です

手に巻きつけた手ぬぐいで、顔をクルクルと円を描くように

洗っていきます。
TS1-1154
この時、気を付けたいのがゴシゴシ擦らないこと

やさ~しく撫でるように洗うのが大事なポイントです。

擦りすぎると逆に肌を傷める原因となりますので注意してくださいね。

小鼻周りや細かい部分は、手ぬぐいを指先に巻きつけると

洗いやすいですよ。

BlogPaint
お顔全体を洗い終えたら、しっかりとすすぎます。


BlogPaint
洗い残しがないように、しっかりとすすいでくださいね。

最後は、冷水で肌を引き締めましょう

ここまでが・・・手ぬぐい洗顔の流れです。

部分的洗い方や、ポイント、注意点などは

また紹介していきまーす

洗顔用におススメの手ぬぐいはコチラ↓↓↓


 

さあ!!今日からあなたの肌が生まれ変わります!!

こんにちは。

こちらでブログを始めて2日目

まだまだ「手ぬぐい洗顔」を知らない方がたーくさんいると思います。

このブログでは、手ぬぐい洗顔を詳しくご紹介していきたいと思っています。 

2013年に「手ぬぐい洗顔」の書籍を出版して以来

毎年1冊ず つ出版させていただいております。

1冊目は日本文芸社さんから


 
この本は、手ぬぐい洗顔初心者向けに書いています。

2冊目は竹書房さんから



こちらの本では、手ぬぐい洗顔を具体的にわかりやすく

さらに、美容法も書いています。

そして3冊目は日本文芸社さんから

手ぬぐい美容
高辺 しおり
日本文芸社
2015-04-29


この本は、手ぬぐい洗顔と美容法がびっしり詰まっています(笑)

もちろん、この3冊を読んでいただければ

手ぬぐい洗顔をよーーく分かっていただけると思います

が、こちらのブログでも細かく紹介していければと

そして、愛用者の方からの疑問や質問にもお答えしていきます。

みなさん、お気軽にご質問くださいね(*・ω・)ノ

そこで・・・「手ぬぐい洗顔」を知らない方へ・・・

呼んで字のごとく、手ぬぐいを使って顔を洗うのです。

これでだけでは、さっぱり分かりませんよね(;´Д`)スミマセン

必要なものは、手ぬぐいと固形石けんです

手ぬぐいといっても・・・

家にある色柄がついた手ぬぐいではありません。

できれば、なるべく無地に近い手ぬぐいをオススメします。


 
色柄がなぜいけないか?は、後日詳しく書かせていただきますね。

簡単にいうと、固形石けんを手ぬぐいで泡立てて洗顔するのです。

これだけで、クレンジングも使わずにメイクがきれいに落ちるのですΣ('◇'*)エェッ!?

そんな馬鹿なって思いますよね

それが・・・落ちるんです。

おまけに肌が美しくなります。

って思う方は、まずはyoutubeの動画を見てくださいね。


次回の記事で、またお会いしましょう




 

↑このページのトップヘ